ついに破綻したIPCC第5次報告

IPCC第5次評価報告が昨年9月に発表された。気象庁のサイトから日本語の要約が読める。
このIPCC第5次評価報告にたいする厳しい批判が国際環境研究所のサイトに4回にわたって連載されている。ぜひ一読されたい。
マスメディアばかりを情報源に生活している人は、あまり気づかないだろうが、二酸化炭素削減は一向に進んでいないにもかかわらず1998年ころから温暖化はほとんどとまってしまった。(この事実は「異常気象と人類の選択」の著者、江守正多も認めている)普通に考えれば、IPCCの過去の評価報告は誤っていたことになる。何らかの自然変動ということもありうるが、20世紀後半の急激な温暖化は自然変動では生じないというシミュレーション結果とは相容れない。第5次評価報告では大幅な修正が必要になるはずだった。
そこで考え出された(?)アイデアが「海水が熱を吸収した」ということらしい。唐突な主張には違和感がある。それを証明するような詳細なデータが提出されるまでは、単なる思いつきにとどまる。
また「二酸化炭素の累積排出量と世界平均地上気温の上昇量は、ほぼ比例関係にある。(新見解)」(気象庁による翻訳記事p.3)というのも変。こんな単純な法則が、今頃、なぜ新見解としてでてくるのだろう。古気候では、温暖化が、急激な寒冷化をもたらし、その後温暖化した事件が知れている。累積二酸化炭素が温暖化をもたらすとしても、「比例関係」というのはおかしい。(知らない方は「ヤンガードリアス」で検索し確認されたい)
要するにIPCC5次評価報告は1998年ころからの温暖化停止(中断?)をうまく説明できない、しかし今までの主張を大幅に変更できない、という制約の中で取り繕った評価報告のように見える。
IPCCはウォーレス・ブロッカーの次の言葉を噛み締めてほしい。
私の思考やアイデアにおいて、これらのコピュータシミュレーションが影響を与えた部分は、実は一部の特筆すべき例外を除き、ほんの少ししかない。思うに、これらのシミュレーションが正しく予測を算出した例はきわめて少ない。むしろ、ほとんどの場合、すでに観測された古気候をただしく再現すべく懸命に追いかけていると言った方がよいかもしれない。
(中略)
私は、過去の気候変動をモデルで再現することが無意味だと言っているわけではない。むしろ、その重要性はとても大きいと認識している。しかしながら、これらのモデルが完全に過去を再現できるようになるまでは、シミュレーションで得られる化石燃料起源の二酸化炭素の影響には確証はもてないのである。
「気候変動はなぜ起きるか グレート・オーシャン・コンベヤーの発見」講談社ブルーバックスp.17
[PR]
# by takaminumablog | 2014-02-10 13:59 | 読書日記(環境問題) | Comments(1)

ソーシャルエンジニアリング

クリストファー・ハドナジー著 成田光章訳「ソーシャル・エンジニアリング」日経BP社
ソーシャル・エンジニアリングとは「ネットワークの管理者や利用者などから、話術や盗み聞き、盗み見などソーシャル(社会的)な手段によって、パスワードなどのセキュリティ上重要な情報を入手すること」と定義されている。
IT関連の著書には、時代の変化に追随できないで陳腐化したものか、あるいは著者の信念ばかりが根拠もなく主張しされたものが多く、他人に薦めたくなる本は少ない。しかしこの本は数少ない例外である。この本を読むと、ソーシャルな手段と通常のハッキングを組み合わせると、なんでも出来てしまうのではないかと心配になる。この本の例にあるように、オフィス内で会社の封筒に入ったUSBメモリーを拾えば、ほとんどの人がパソコンに挿入して中身を確認してしまうだろう。十分な時間をかければハッキングできないシステムはないようだ。セキュリティに興味のある人にはもちろん、推理・ミステリー小説が好きな人にもお薦めできる。最近の映画や小説には天才ハッカーが登場し、パソコンの前に座ったハッカーが簡単にシステムに侵入し、いかにも嘘っぽい。フィクションといえども、細部を描きリアリティを付加してくれないと鑑賞する気をそがれてしまう。この本を読んで、小説や映画に登場しなかったハッキング手口を想像してみるのもおもしろいだろう。米国のマスメディアが中国でハッキング被害にあっているという噂がある。小説家にも勉強していただければ、おもしろいスパイ小説がうまれそうだ。
 この本には多くの事例が紹介されているが、ハッキングの手段としてはPDF形式のファイルを使ったものが多数紹介されている。Windowsのウィルス感染の主因は、Java JRE、Adobe Reader/Acrobat、Adobe Flashの更新忘だと言われる。たとえばこちらを参照。このうち、Adobe Readerはビジネスで用いられる機会が多いので、もっとも狙われやい。しかもAdobe Readerは更新忘れだけではなく、しばしばアップデートがリリースされていない脆弱性が残った状態になる。この記事を書いている2月17日もそうだ。こちらの記事参照。推奨されている対応策はAdobe Reader XIにしかない機能を使っている。ときどきセキュリティというとWindows Updateだけを強調する人に出会うが、それ以上に上にあげたソフトを最新版に保つことが重要だろう。
[PR]
# by takaminumablog | 2013-02-17 14:48 | IT | Comments(1)

大山(丹沢)

e0020950_7241376.jpg
e0020950_7243811.jpg
e0020950_7245920.jpg

[PR]
# by takaminumablog | 2012-11-26 16:54 | 写真:画像 | Comments(0)

Cloud Text

暑くて快適ではないが快晴の日が続いている。暑い!と文句の一つも言いたくなる。そこで空に小言を書いてみることにした。このチュートリアルを参考にした。手順は簡略化しPhotoshop Elementsを使用した。
e0020950_12323239.jpg

[PR]
# by takaminumablog | 2012-08-23 12:35 | 写真:画像 | Comments(0)

食べられるタワシ

何十年かヘチマは植物性のタワシとばかり思っていたが、最近になって食べ物らしいと知った。そのヘチマを八百屋で2本98円で購入した。付加された説明によると「ゴーヤーと異なり、へちまは皮をむきますが、中の種はとりません。へちまはあまり臭い等がありませんが、味噌やカツオだしによく合います」
ゴーヤーチャンプルーのゴーヤーをヘチマに置き換えて調理してみた。ゴーヤーよりも癖がなくおいしい。ただし、わずかでも種の見える部分を使ってしまうと、食べたとき口の中に繊維の噛みだめができる、つまりヘチマがタワシとしての本性を表し、食べられない。
[PR]
# by takaminumablog | 2012-08-22 15:52 | 爺さんの手料理 | Comments(0)

中国野菜 カイラン

カイランを初めて購入した。もちろん回覧ではなく、中国野菜のカイラン。
 初めての材料を使うときは、少し気を使う。手っ取り早く、おしたしにしようかと思ったが、ネットで調べると「水気がある味を損なう」らしい。そこで軽く味付けした溶き卵をからめて電子レンジ加熱で、卵とじを作った。同様の作り方をしたブロッコリよりもおいしい。
 注)根元は太く筋っぽいので、表面をはぎとって調理する必要がある。
[PR]
# by takaminumablog | 2012-07-03 12:08 | 爺さんの手料理 | Comments(0)

地球寒冷化?

日本経済新聞web版に次の文から始まる記事があった。
(日数が経過するとこの記事へのリンクはきれてしまうかも)
われわれ地球上で生活できるのも太陽の恵みのおかげ。その太陽の様子が最近おかしくなっている。歴史上太陽活動が不活発であった時期があり、その時の地球は寒冷だった。太陽はこれからどうなり、地球の気候への影響はあるのか。

簡潔に言うと「詳しくは日経サイエンス8月号を参照」ということで日経新聞の方だけ読んでも何のことか分からない。
 最近の太陽活動が不活発で、寒冷化した時期は次の二つである。
マウンダー極小期(1650年頃~1700年頃) ロンドンのテムズ河が凍った記録がある。日経サイエンスにその様子を描いた絵が掲載されている。
ダルトン極小期(1800年頃~1820年頃) こちらの方は比較的短期間であったため、大きな社会的影響はなかったもしれない。しかし「寒冷化による衣類需要の増大に対してマニュファクチュアでは対応できなくなり工場制機械工業が始まった」とも言われる。(詳しく勉強していないので真偽は不明)
 太陽活動と太陽黒点には強い相関性があり、太陽黒点は古くから研究されている。(1600年頃から記録が残っている)また太陽の活動にはおよそ11年の周期性があり、太陽活動が不活発な時はその周期が伸びる。さらに、国立天文台と理化学研究所などの国際研究チームは4月19日、衛星「ひので」による観測で、北極だけがS極からN極に反転し、南北両極が同じN極になりつつあることを確認したと発表した。この現象はマウンダー極小期でも起きたと考えられている。太陽活動の低下が本格化しそうである。詳しくは日経サイエンスの記事を読まれたい。
 地球温暖化の二酸化炭素主因説を信じる人たちが退場するときがやってきたようだ。いままで地球温暖化を煽ってきたマスメディアも太陽活動の低下をニュースで取り上げ出した。こちらのブログにリンクがあるので確認できる。
二酸化炭素削減などの無駄がなくなるのはありがたいが、それ以上に大きなマイナスがあるだろう。地球寒冷化はエネルギー需要の増加と農産物の不作をもたらすため、地域紛争、戦争などの遠因になる。
[PR]
# by takaminumablog | 2012-06-28 14:53 | 読書日記(環境問題) | Comments(0)

野沢菜

野沢菜と言えば、漬物とばかり思っていたが、八百屋さんに長野県産の野沢菜の新芽なるものを売っていた。黄色の花の蕾が付いていて、外見だけではカキ菜と区別がつかない。簡単に油炒めにしてみたら、少し辛みがあって、とてもおいしかった。
[PR]
# by takaminumablog | 2012-05-15 16:22 | 爺さんの手料理 | Comments(0)

カタクリの花

今年はなんだかあわただしく、カタクリの花を見ずに花の季節を過ぎてしまった・・・・と思っていたが、八百屋さんに一束98円で秋田県産のカタクリを売っていた。ちじれていたが花もちゃんと付いていた。添付されていたレシピにはカタクリの酢の物が紹介されていた。茹でて甘酢にあえるだけ。シャキシャキしておいしいが、感激するほどのあじではない。黒豆もやしを酢の物にした感じに近い。その他の食べ方としては油いため、卵とじが紹介されていた。
[PR]
# by takaminumablog | 2012-05-07 13:22 | 爺さんの手料理 | Comments(0)

地球温暖化論の嘘を学ぶための読書案内-5

渡辺正2012「『地球温暖化』神話 終わりの始まり」丸善出版
 地球温暖化論への疑問を解説した本は多数あり、さほど目新しいものではない。この本にはもう一つ重要なメッセージが語られている。それは本のタイトルが示す通り、 「地球温暖化が偽りであったことが明らかになり始めた」というものである。以下にそのポイントを説明する。
ポイント1.世界の二酸化炭素排出は増え続けているが、1998年以降地球の温暖化は緩和されている。米国の気温を見ると顕著。
ポイント2.従来定説になっていた気候感度の値(ハンセン予想4.2度、IPCC予想3度)よりもずっと小さな予想値が相次いで発表された。(空気中の二酸化炭素が2倍になったとき気温が何度あがるかを気候感度という)
ポイント3.クライメートゲート2.0が起きた。クライメートゲート事件とは2009年11月コペンハーゲンで国連気候変動枠組条約会議(COP15)開催にタイミングを合わせたようにIPCC(気候変動に関する政府間パネル) のメンバーの電子メールが大量にウェブで公表された。その中にデータの偽造を示すものがあり、ウォーターゲートにならって「クライメートゲート」事件と呼ばれるようになった。クライメートゲート2.0とは;
COP17を一週間後に控えた2011年11月22日、おそらく2年前と同じ人物がメールおよそ5350通(2009年の5倍)を複数ブログサイトに載せ、「クライメートゲート2.0」の名がついた。2011年末現在和文の記事は2日後の短いロイター電1件しか見ていないが、英米のメディアの報道は100件に近い。

疑問に思う方はClimategate2.0で検索して日本のメディアの偏向ぶりを確認されたい。
2009年の事件では「文脈を無視し、話の一部だけつまみあげたにすぎない」と突っ張る当事者いた。だが今回は「文脈を埋める」メールもたっぷりとある。いよいよ追い詰められ「転向」を考える研究者もでるのではないか?


なお、この本には環境対策車や再生可能エネルギーに関して荒っぽい記述が多い。地球温暖化神話に凝り固まったネットイナゴの批判(揚げ足取り)にさらされるのではないか。
[PR]
# by takaminumablog | 2012-03-21 15:08 | 読書日記(環境問題) | Comments(0)