環境ホルモンがわが国の環境政策に与えた影響

シーア・コルボーン他著、長尾力訳2001「奪われし未来(増補改訂版)」翔泳社(ISBN4-88135-985-1)
「環境ホルモン」という言葉はわが国の環境政策に大きな影響を与えた。環境ホルモンは上記の著者シーア・コルボーンによって言い出された理解している人が多い。しかし上記の本の本文部分には「内分泌撹乱物質」という言葉はでてきても「環境ホルモン」という言葉はでてこない。上記の本の解説部分を書いている井口泰泉によって発明された言葉だそうだ。「奪われし未来」には、図表がまったくでてこない、同一の事例を何度もくどくどと説明した分かりにくい本だ。そもそも環境ホルモン(または内分泌撹乱物質)がそんなに問題なのだろうか。他の本を読む必要がある。
 つぎの本はシーア・コルボーンらの本に厳しい批判を浴びせている。
西川洋三著2003「環境ホルモン 人心を「撹乱」した物質 地球と人間の環境を考える04」日本評論社(ISBN4-535-04824-1)
批判のポイントはつぎのとおり。
(1)環境に出た物質の動物への影響が繰り返し書いてあるが根拠やデータに乏しい
(2)動物にいえることは人にも当てはまると主張している。しかし人に関する話は、毒性が認識され20年も前に使用禁止になっている合成ホルモン剤DESについてと精子数の減少くらい。そもそも精子数は気温との相関関係が大きくいろいろな都市のデータを混在させたものは信頼性が乏しい。
 両方のポイントとも、かなり説得力があると思う。多数の魚が性転換することは有名だ。魚に雄か雌か判別がつかないものが見つかったとしても、自然な状態と比較したデータがないとなんともいえない。つぎの本によるとサンゴ礁でふつうに見られる魚たちが性転換するそうだ。
桑村哲生2004「性転換する魚たち-サンゴ礁の海から-」岩波書店(ISBN4-00-430909-3)
脊椎動物のなかで性転換するのは、魚や両生類の一部だけだそうだ。シーア・コルボーンらの「魚で起こるは人にも起こる」という主張は奇妙ではないか。人間の精子数の事例についても納得できない。男性の精巣は体温より2、3度低くなければならないことは常識である。だから精巣は体から飛び出している。余談になるが、先日、育児に関する相談会で保健所の講師が「男子にからだに密着するジーパンをはかせると生殖機能発達の妨げになる。逆に女子は冷えるのはよくない」と指導していたという話を聞いた。環境ホルモンより男性のジーパンの方が問題ではないだろうか。
 しかしちょっと待て。西川洋三は企業側の人間であるため偏向があるかもしれない。そこで私が敬愛する(と言っても会ったことはない、事実にこだわる姿勢が好きなだけ)中西準子の本を参照する。
中西準子2004「環境リスク学 不安の海の羅針盤」日本評論社(ISBN4-535-58409-5)
『内分泌撹乱物質が大きな関心をよぶきっかけとなったのは、言うまでもなくアメリカ人女性シーア・コルボーンらの著書「奪われし未来」である。これを読んだとき著者らが生物界の異変の原因を地道に追ってきたことに科学者として感銘をうけた。そして生物界でおきた不思議なことのいくつかが「内分泌撹乱」という考えで説明できるかもしれないと私自身も考えた。今後こういう視点も含めて環境問題を見るべきだという一つの示唆として読んだ。総じて生物界ではありそうなことだが、人についてはそれほど大きな影響はありそうもないというのがその時の感想だった。例として挙げられている生物の大量死や人間の精子の減少などとある種の物質との関係については、とてもこの本に書かれていることをそのまま信用する気にならなかった。
ところがこの本が日本に入ってきた途端に、人類の危機を喚起する警世の書として受け止められ、あらゆる異状が環境ホルモンで説明づけられるような錯覚を生み出してしまった。』(p159~p160)
 こういう意見に対して多くの環境活動家たちは「はっきりしてからでは遅すぎる、対処しておいて損はない」と、いわゆる予防原則を持ち出して反論してくる。しかし予防するにもコストがかかる。同じコストをかけるなら弊害のはっきりしているものを優先すべきだ。わが国では、先進諸国で規制されているたばこやアスベストの規制がとても緩い。行政は、あまり規制を強くするとコストがかかるという。しかしその一方で、世界に類を見ないダイオキシン規制がある。どうもおかしい。
[PR]
# by takaminumablog | 2005-07-24 15:20 | 読書日記(環境問題) | Comments(1)

ごみ問題、Reduce、Reuseを忘れたRecycle

リサイクルごみの日にごみ置き場に行くと、大量のベットボトルが出してある。たいていはマニュアルどおりに透明のビニール袋に入れて、蓋をとり、外側のラベルははがしてある。しかしこんなことをする暇があったら、ペットボトルを使わないことを考えたほうがよいのではないだろうか。お茶くらい自分で作り、冷蔵庫で冷やせばよい。
ごみ問題に関しては削減(Reduce)、再使用(Reuse)、Recycle(3Rという)の順に考えなければならないという。RecycleはReduce、Reuseしてどうしようもなくなってからとる手段のはずだ。しかし行政はリサイクルだけを推奨しているようだ。市民もリサイクルに疲れて削減、再使用を考える暇がなくなっているのではないだろうか。

安井至2003「リサイクル 回るカラクリとまる理由 地球と人間の環境を考える06」日本評論社(ISBN4-535-04826-6)
高月紘2004「ごみ問題とライフスタイル こんな暮らしは続かない 地球と人間の環境を考える08」日本評論社(ISBN4-535-04828-2)

上の本によると、ペットボトルの原価は20円くらい。自社で成型まで行えば10円くらいだそうだ。ちなみに中身はコーヒー系、牛乳系を除くとせいぜい数円だそうだ。たしかに大きなペットボトルで買えばものすごく安い。マーケティングから考えると、消費者は便益を購入しているのであって、価格なんか問題でないのかもしれない。するとレジ袋を有料化して数円であれば皆は黙ってお金を払うだけで、ごみは減らないだろう。
そもそも自動販売機が多すぎる。上の本によると電気の無駄使いで「自動漏電機」だそうだ。ごみのもとになっているのだから課税すべきではないだろうか。
[PR]
# by takaminumablog | 2005-07-19 11:30 | 読書日記(環境問題) | Comments(0)

同期現象にはわけある

スティーヴン・ストロガッツ著、蔵本由紀監修、長尾力訳2005「SYNC―なぜ自然はシンクロしたがるか」早川書房(ISBN4-15-208626-2)
自然にみられる同期現象を面白く解説した本に出会った。多数のホタルが同期して光る話、人のサーカディアン・リズム、ロンドンで建設された当時ゆらゆら揺れて通行禁止になったあのミレニアム・ブリッジの話など楽しい話題に満ち溢れている。理科系を自認する方には必読書として推奨したい。しかし内容は、比喩で説明してあるとは言え、カオス理論に関連する応用数学だ。400ページ以上をすんなりと読めるものではない。図は少しでてくるが、数式はまったく出てこない。数学的背景を知らない部分は結局分からなかったと白状するほかはない。
本の中でもその業績に関する話題がでてくる監修者の蔵本由紀が次のように書いている「若者の理科離れが懸念をもってしきりに語られる昨今であるが、本書のように優れた科学読物こそこの種の問題に対して絶大なる効果をもつのではなかろうか。同時に、翻訳書という形でしかこのような良書をめったに手にすることができないわが国の立ち遅れを、多少残念に思うのだが。」思わず、蔵本さん、そんなこと言ってないで、貴方のような方が本を書いてよ!と叫んでしまう。
最近話題のスモール・ワールド・ネットワークの話もでてくる。著者はスモール・ワールド・ネットワークを提唱した一人でもある。スモール・ワールド・ネットワークとは「世界中の人だれでも6段階でつながっている」ということ、同様な現象が自然現象や社会現象の中に見られることを提唱したものである。スモール・ワールド・ネットワークに関する本はいくつか出版されているが私は読んだのは以下の本だけだ。ウェブの構造の話が特に印象に残った。
アルバート・ラズロ・バラバシ著、青木薫訳2002「新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く」NHK出版(ISBN4-14-080743-1)
著者の共同研究者(あるいは教え子?)ダンカン・ワッツによって書かれた本も翻訳されているようなので読むべきかもしれない。
[PR]
# by takaminumablog | 2005-07-13 13:12 | 読書日記(その他の科学) | Comments(0)

疑似科学としての精神分析

私はかねがねフロイトの開始した精神分析は疑似科学ではないかと疑ってきた。深層心理の存在は誰も証明できないもの、しかし存在しないことを証明することはほとんど不可能なものではないかと思っていた。確信をもって断言するには、勉強してみなければならない。しかし疑似科学を勉強するのはばかばかしいので、結論を保留した状態のままであった。ところが最近以下の本が目に留まった。
村上宣寛2005「「心理テスト」はウソでしたー受けたみんなが馬鹿をみた」日経BP(ISBN4-8222-4446-6)
この本の中にある死刑囚のロールシャッハ・テスト(インクのしみを見て何を連想するかを言わせるテスト)を3人の著名な心理臨床家(大学の教授、助教授、講師)が診断した事例が紹介されている。3人の心理臨床家は死刑囚がこけしやシャンペンを連想したのを男根表象への固執と解釈した。しかし実際は性的にはきわめて正常な、道を踏み外す前は成功した歯科医だった。心理臨床家の診断のおおはずれの事例が紹介されている。著者は心理臨床家の方が問題があるのではないかと皮肉っている。著者はグッバイ、ロールシャッハ!と言っているが、私はフロイトにもグッバイと言いたい。この本には、ロールシャッハ・テスト以外も血液型性格診断、矢田部ギルフォード性格検査、内田クレペリン検査のでたらめぶりが紹介されている。人の性格が簡単なテストで分かるというのはウソに決まっている。それを堂々と心理学の専門家が告発してくれた。
[PR]
# by takaminumablog | 2005-07-11 10:07 | 読書日記(その他の科学) | Comments(0)

ダイオキシン猛毒説の誤り

今日、朝日新聞(ウェブ版)で「ダイオキシン濃度と子宮内膜症、日常摂取なら無関係」という記事を見かけた。そこで前に読んだ次の本を取り出して再読した。
渡辺正、林俊郎2003「ダイオキシンー神話の終焉シリーズ 地球と人間の環境を考える2」日本評論社(ISBN4-535—045822-3)
この本によるとダイオキシン猛毒説は誤っているらしい。1960年代から1970年代に多用された農薬(水田除草剤)には不純物としてダイオキシンを含んでいた。その農薬が使われなくなって環境に放出されたダイオキシンは大幅に減少している。しかし農薬から放出されたダイオキシンはゆっくりとしか分解されないため環境中に残っている。これに比べれば、ごみ焼却炉から放出されるダイオキシンは問題ではない。そもそも「ダイオキシンが猛毒である」というのも誤りらしい。そういえばユクライナのユーシェンコ大統領は選挙前に通常の1000倍のダイオキシンをもられたらしいが、大統領としての活動を継続している。
つぎの本には環境中のダイオキシンはごみ焼却炉よりもかって使われた農薬からきている旨が記述されている。
中西準子2004「環境リスク学ー不安の海の羅針盤」日本評論社(ISBN4-535-58409-5)
[PR]
# by takaminumablog | 2005-07-08 10:29 | 読書日記(環境問題) | Comments(2)