<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「正義の国」の日本人

安井健一2007「正義の国」の日本人 なぜアメリカの日系人は日本が“嫌い”なのか アスキー新書
この本が池田信夫ブログで紹介されていた。この本を読むとアメリカ在住の日系人たちが過剰にアジアに迎合せざるを得ない悲しい(?)現実が良く分かる。それは仕方ないとしても、日本のマスメディアはその日系人たちの意見に迎合しているのではないだろうか。
 この本の最終章は「ジャパニーズの将来」となって米国の日系人がやがてアメリカに吸収されてしまうのを嘆いているようにも取れる記述がある。しかし、なにも嘆くことはない。アメリカに生まれた彼らはアメリカ人なのだ。 アメリカで増えている韓国系や中国系の人も本国の少子化に伴い、同じ道を辿るだろう。
 著者は日本人のアジア人差別意識も批判している。この本の著者はアメリカにおける差別の実態(勤勉な日系人が分けもなく差別されてきたこと)を良く知っているはずなのに最終章を書く段になると、すっかり忘れてしまったようだ。
 たとえば普通の日本人が中国人を警戒するのは犯罪者の割合が圧倒的に高いからだ。国籍以外にその人に関する情報がなければ、とりあえず警戒するのは当然ではなかろうか。正確な統計は調べていないが先日読んだ本(岩男壽美子「外国人犯罪者」中公新書)につぎのような記述がある。
この二、三年に新たに収容されたF指標受刑者を国籍別に見ると、その五割弱を中国人が占め、ついでブラジル人、韓国・朝鮮人、イラン人の順となっている。これらのうちイラン人のみが彼らに認められていた査証免除が中止されたせいか減少傾向にあり、他の国の受刑者はすべて増加傾向にある。
 ブラジル人は、1990年に施行された「改定出入国管理及び難民認定法」により、就業活動に制限のない「定住者」資格が付与されることになり、就業目的の日系ブラジル人とその子弟が大量に入国するようになった。2005年末現在、ブラジル人の外国人登録者は3万2000人に上っている。ブラジル人については、少年犯罪の多さが目立っている。両親が仕事で忙しく、子どもは日本語がわからないため、授業についていけないことなどから不登校になり、同じような仲間が集まって非行に走るケースも少なくない。

 確かに日本にもアジア人差別はあるが、その理由は日本人が生理的にアジア人を嫌っているからではないように思う。個人の差別意識を批判しても無意味だ。差別をなくすためには、次のような制度上の課題を解決することが必要だ。
  いい加減な外国人研修制度を廃止する
  外国人雇用者に対する失業保険の充実(帰国費用もないのは困る)
  不法就労者の雇用者に対する厳罰制度
  在日外国人の子弟に対する支援制度
  など
ついでながら、私は日本在住で「日本語を常用している」在日韓国・朝鮮人も「日本人」になってもらうことが必要だと考えている。そのための障害(例:夫婦同姓)を除去するべきだと思う。
[PR]
by takaminumablog | 2007-11-21 15:22 | その他の読書日記 | Comments(0)

アジアの未来

(1)河野稠果2007「人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか」中公新書
(2)大泉啓一郎2007「老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき」中公新書
1972年、ローマクラブが「成長の限界」で、人口が幾何級数的に増え続けることを前提にした警鐘を発表した。この警鐘があまりにも印象的であったためか、今でも人口増加の危機を信じている人が多いように思う。しかし(1)によれば、人口が多産多死から少産少死に向かうことは人口学のグランドセオリーであるといわれるくらい広く見られる現象らしい。
この変化が急激に起こると生産年齢の割合が増加し経済成長がおこる。このことを「人口ボーナス」という。やがて生産年齢の人々が現役を引退するころになるとそれも終りを告げる。20世紀後半日本の目覚しい経済成長のかなりの部分が人口ボーナスであった。現在の日本は、多少の蓄えはできたが、ボーナスを使い果たしてしまった。「人口ボーナス」という言葉ほどポピュラーではないが「人口オーナス」という言葉もあるらしい。上記の本(2)には人口オーナスという言葉は使われていない、単に高齢化と表現されている。
 日本に引き続きNIES(韓国、台湾、香港、シンガポール)でも目覚しい経済成長が見られるが、その原動力も人口ボーナスだとすれば、そう長くは続かないことになる。上記(2)によれば、2010年から2015年には終りになる。中国についても人口ボーナスは理論上、2010年~2015年には終りとなるらしい。ボーナスを使い果たした時点でどれだけ蓄えがあるかは大きな問題だ。人口という視点からみると、アジアの将来はあまり楽観できない。
[PR]
by takaminumablog | 2007-11-16 09:04 | その他の読書日記 | Comments(0)

夢とは何か

(1)J・アラン・ホプソン著 冬樹純子訳 2003「夢の科学―そのとき脳は何をしているか」講談社ブルーバックス
   原題 Dreaming An introduction to the Science of Sleep
(2)J・アラン・ホプソン著 池谷裕二監訳 池谷香訳2007「夢に迷う脳―夜ごと心はどこに行く」朝日出版社
原題 Dreaming as Delirium: How Brain Goes out of Its Mind
先日のブログで「夢のまた夢・・・・」と書いた。それで「夢」とは何かが気がかりになりだした。
「夢」と言えばフロイトの名前を思い出す。 「太古の昔から夢は、これが持つ神秘性のゆえに、現世とは異なった世界からのメッセージだと信じ、そのメッセージを正しく解釈することによって、未来が予言できると考えてきた。」(1)p.55 もちろん現在、この考えを支持する科学者はいない。しかしフロイトによる精神分析も古代人の未来予測の延長線上にあるのではないだろうか。疑似科学だろうと 信じているので、関連する本を読む気にもならない。(注)そこで目にとまったのがJ・アラン・ホブソンである。彼はフロイトとは異なり、膨大な夢報告や神経生理学の裏づけを取りながら研究を進めている。これぞ科学だ。著者によるフロイトの評価はつぎのとおり。
フロイトが半分正しかったこと
フロイトが正しく理解できていたのはどの点だろうか?それは、彼が夢を論じる中で、その原始的な情動面を強調した点である。
実際、夢は脳の原始的な欲求過程が睡眠中に放たれることで進行していく。そしてその欲求過程は、セックス、攻撃、逃避といった本能的な生存手段を含む。好ましいもの(高揚、歓喜、幸福、愛)に近づいていく。好まざるもの(格闘、攻撃、射撃)、これらに伴う感情がすべてそこにはある。
フロイトはこれらの欲求を“一次過程”とよび、目覚めているときの意識に特徴的な、より洗練された、より現実に考慮した形の“二次過程”と区別した。
しかしながら、フロイトは性的なこととの関連を強調しすぎたし、逆に、怒りや恐怖などの負の情動についてはあまり多くを語っていない。なぜなら、フロイトがもっぱら目を向けたのは、願望充足としての夢だったからである。
 (1) p.202
フロイトが完全に間違っていたこと
フロイトの夢理論によると、夢の中の無意識の願望は、常に意識をわずらわそうとする恥ずかしいものということになっている。ちょうど彼が生きたビクトリア時代の性的行為が、社会の目を盗んでこっそり行うもの、とされていたように。
フロイトは、夢の奇怪さを説明するのに、何の根拠もない“変形”だとか“検閲”といった解釈を用いた。夢の原動力である願望充足という欲求は、そのままの形で夢に現れることは許されず、色々と“加工”され、その結果わけのわからない奇妙な夢が生まれるという仕組みだ。“夢”として意識される夢の内容は「顕在夢」とよばれ、その裏には、変形や検閲される前の本当の夢が意味する「潜在思考」が隠されているのだという考え方が、精神分析的な夢理論の中核を成した。この考え方、そして直感や情動に大きな意味を持たせたこと、それがフロイトの夢理論のすべてだった。
 (1) p.204

著者は「夢のストーリーに意味はない」「単なる情報ノイズ」と断言している。では夢にはどのような意味があるか。(2)の中に、次のような夢の特徴と器質性精神症候群の類似性が示されている。
時間・場所・人物に対する失見当識
幻視
散漫性や注意欠陥障害
近時記憶の欠如
病識の欠如
(2)の原著の題名が示すように夢とは錯乱なのだ。

(注1)科学哲学者のカール・ポパーはフロイトの精神分析には実験やデータなどによる反証可能性がなく、疑似科学であると批判した。普通の科学者にはしごく尤もな主張だと思えるが、一部の心理学者はこの批判に耳を貸そうとしていない。
[PR]
by takaminumablog | 2007-11-02 10:08 | 読書日記(その他の科学) | Comments(0)