「正義の国」の日本人

安井健一2007「正義の国」の日本人 なぜアメリカの日系人は日本が“嫌い”なのか アスキー新書
この本が池田信夫ブログで紹介されていた。この本を読むとアメリカ在住の日系人たちが過剰にアジアに迎合せざるを得ない悲しい(?)現実が良く分かる。それは仕方ないとしても、日本のマスメディアはその日系人たちの意見に迎合しているのではないだろうか。
 この本の最終章は「ジャパニーズの将来」となって米国の日系人がやがてアメリカに吸収されてしまうのを嘆いているようにも取れる記述がある。しかし、なにも嘆くことはない。アメリカに生まれた彼らはアメリカ人なのだ。 アメリカで増えている韓国系や中国系の人も本国の少子化に伴い、同じ道を辿るだろう。
 著者は日本人のアジア人差別意識も批判している。この本の著者はアメリカにおける差別の実態(勤勉な日系人が分けもなく差別されてきたこと)を良く知っているはずなのに最終章を書く段になると、すっかり忘れてしまったようだ。
 たとえば普通の日本人が中国人を警戒するのは犯罪者の割合が圧倒的に高いからだ。国籍以外にその人に関する情報がなければ、とりあえず警戒するのは当然ではなかろうか。正確な統計は調べていないが先日読んだ本(岩男壽美子「外国人犯罪者」中公新書)につぎのような記述がある。
この二、三年に新たに収容されたF指標受刑者を国籍別に見ると、その五割弱を中国人が占め、ついでブラジル人、韓国・朝鮮人、イラン人の順となっている。これらのうちイラン人のみが彼らに認められていた査証免除が中止されたせいか減少傾向にあり、他の国の受刑者はすべて増加傾向にある。
 ブラジル人は、1990年に施行された「改定出入国管理及び難民認定法」により、就業活動に制限のない「定住者」資格が付与されることになり、就業目的の日系ブラジル人とその子弟が大量に入国するようになった。2005年末現在、ブラジル人の外国人登録者は3万2000人に上っている。ブラジル人については、少年犯罪の多さが目立っている。両親が仕事で忙しく、子どもは日本語がわからないため、授業についていけないことなどから不登校になり、同じような仲間が集まって非行に走るケースも少なくない。

 確かに日本にもアジア人差別はあるが、その理由は日本人が生理的にアジア人を嫌っているからではないように思う。個人の差別意識を批判しても無意味だ。差別をなくすためには、次のような制度上の課題を解決することが必要だ。
  いい加減な外国人研修制度を廃止する
  外国人雇用者に対する失業保険の充実(帰国費用もないのは困る)
  不法就労者の雇用者に対する厳罰制度
  在日外国人の子弟に対する支援制度
  など
ついでながら、私は日本在住で「日本語を常用している」在日韓国・朝鮮人も「日本人」になってもらうことが必要だと考えている。そのための障害(例:夫婦同姓)を除去するべきだと思う。
[PR]
by takaminumablog | 2007-11-21 15:22 | その他の読書日記 | Comments(0)
<< 「見る」とはどういうことか アジアの未来 >>