百名山馬鹿とツアー登山

最近の中高年登山ブームで、困ったことだと思うことが二つある。それはツアー登山と百名山馬鹿の横行だ。

 山で「百名山を全部登った」「あといくつで踏破だ」と自慢する人に出会う。彼らはできるだけ効率的に楽なコースから百名山の三角点に立とうとしているようだ。(私はそのような人を百名山馬鹿と名づけている)「あんたアホか!名山には最も魅力的なコースからゆっくり楽しみながら登るものだろ!」と思いながら話にあいづちを打つのはつらい。大抵の山は、展望のきかない日に三角点に立つ意味はあまりない。ちなみに日本百名山を100日ちょっと(123日)で登ったという馬鹿の先駆者は重廣恒夫。またニュージランドから来た登山家が78日で踏破したそうだ。彼らはそれがビジネスかもしれないが素人は目標にすべきではない。

ツアー登山が流行し事故も発生している。ツアー登山で事故が発生した場合、ガイドの責任が追求される。その責任は自主登山におけるリーダーとは比較にならないくらい重い。しかしツアー登山といえども、参加するからにはある程度、危険が伴うことは承知していなければならない。体力もないのに無理な登山ツアーに参加することは許されない。次の本にもそのような解説がある。
横溝康史2007「登山の法律学」東京新聞出版局
上記のことは当然のことと思われるが、実際に参加する人には必ずしも常識となっていないように感じる。最近同年輩のシニアの方と話をしていると、ツアー登山に行くという人によく出会う。その人たちに、なぜ「自分たちだけで行かないのか」と尋ねると「コースがわからない」という返事が返ってくる。 基本的な知識や装備もない人がツアーに参加している場合があるようだ。

羊蹄山ツアー登山事故(札幌地方裁判所平成16年3月17日判決)は有名だ。平成11年9月の羊蹄山ツアー事故で二人の客が凍死した事故について、添乗員の刑事判決を肯定したものである。(上記の本にもこの事故を基にした説例32として解説がある)この事故についてはこちらも参照。この事故を契機として旅行業ツアー登山協議会され、公正な取引の維持、安全確保、旅行者の利便の増進に勤めているらしい。しかし旅行会社の低価格・低コスト志向が続く限り、ガイド一人当たりの登山客の数は多くなり、安全な登山は難しいのではないだろうか。またツアー登山は特定の山(大抵の場合百名山)に集中しがちで、オーバーユースの問題を招いている。
[PR]
by takaminumablog | 2007-10-28 16:59 | 雑感 | Comments(0)
<< 夢とは何か 映画「ミリキタニの猫」 >>