一人称で語られたサヴァン症候群

ダニエル・タメット(古屋美登里訳)2007「ぼくには数字が風景に見える」講談社
この本(サヴァン症候群の人の自伝)については毎日新聞の書評読売新聞の書評に書かれているので、私が書き足すことはない。 単に面白いだけでなく著者の人間性や著者の家族や友人関係などは感動的でもある。
この本の主題にはあまり関係ないが、著者の数学への嗜好に関する記述の中に次のような一節がある。 (p.118)
確率の問題は、直感ではうまく答えが導き出せない。たとえばこういう問題がある。「二人の子どもを持つ女性がいる。そのうちのひとりは女の子である。もうひとりの子どもが女の子である確率は?」
この答えは、二分の一ではなく、三分の一。なぜなら、すでにこの女性には女の子がいるわけだから、男の子がふたりになることはありえない。したがって、可能性としては、BG(男の子と女の子)、とGB(女の子と男の子)、GG(女の子と女の子)になる。

直感では間違える有名なモンティ・ホール問題というのを思い出した。「はずれ」は何か忘れたのでwikipediaを検索し、豚ではなくヤギだったことを確認した。
プレイヤーは、三つのドアを見せられる。ドアの一つの後ろにはプレイヤーが獲得できる景品があり、一方、他の二つのドアにはヤギ(景品がなく、ハズレであることを意味している)が入っている。ショーのホストは、それぞれのドアの後ろに何があるか知っているのに対し、もちろんプレイヤーは知らない。
プレイヤーが第一の選択をした後、ホストのモンティは他の二つのドアのうち一つをあけ、ヤギをみせる。そしてホストはプレイヤーに、初めの選択のままでよいか、もう一つの閉じているドアに変更するか、どちらかの選択権を提供する。プレイヤーは、選択を変更すべきだろうか?

回答と解説はWikipediaをどうぞ。
[PR]
by takaminumablog | 2007-07-30 08:50 | 読書日記(その他の科学) | Comments(0)
<< 司法の限界と医療の限界 安全と安心 >>