奥多摩・棒ノ折山

6月梅雨の晴れ間に奥多摩、棒ノ折山に登った。川井駅からのバスで、年齢が私の1/3位の単独行の山ガールさんと一緒になった。その方は最近登山を始めたらしく、経験だけは豊富な私にいろいろ質問された。ワサビ田の途中で体力のある彼女は先に登って行った。標高はさほどでもないが変化の乏しい杉林の中をひたすら登る道だ。
棒ノ折山の山頂で再び先ほどの山ガールさんと会った。少し話をしていたら、私の写真をとっても良いかと聞かれ、驚いたが、もちろんOK。私の顔が彼女のスマホに入った。これから奥多摩方面に下るという。私は埼玉県のわらさびの湯に下り飯能にでるつもり。再び会うことはないだろうと思いつつ「また、どこかの山でお会いしたいですね」と言って握手をして別れた。軍手をとって差し出した彼女の右手がはっとするほどきれいだった。権次入峠で再び追いついたのでまた、美しい右手と握手をした。
私はそれから関東ふれあいの道を下った。白谷沢の中を下る部分はとても気分がよい。ただし初心者は登りに使った方がよいだろう。
e0020950_13452563.jpg

[PR]
by takaminumablog | 2015-06-14 13:48 | 写真:画像 | Comments(2)
Commented by サーヤ at 2015-06-23 22:44 x
お久しぶりです、棒ノ折山の沢のぼりは夏は涼しくて
よいようですね

Commented by takaminumablog at 2015-06-24 13:40
サーヤ様
コメントありがとうございます。棒ノ折山に行ってみてください。
<< 戦争遺跡としてのこどもの国 東京大空襲・戦災資料センター >>