Photoshop Elementsのアクション LOMO

Photoshop Elements7.0からアクション(Action)をサポートする機能が増えた。アクションとは一連の操作をファイル(拡張子atn)で保存しておき、一気に行うものである。Elementsにできたのはそのうち、アクションの実行だけでアクションを作ることはできない。ElementsユーザはPhotoshop CSの方が作ってくれたものを実行するだけで、「ちょっとさびしい」とも言えるが無いよりはいいだろう。またアクション内にElementsでサポートされない機能が使ってあると動かない。
Lomography(通称Lomo)とはもともとロシアのカメラの名前。要するにトイカメラ。普通には映らないので人気がある。くわしくはWikipediaでも見てください。デジカメで撮った写真をLomo風に変換するPhotoshop用のアクションが公開されていた。これをElements7.0に入れてみた。入れ場所は Vistaや7であれば以下の場所:
C: ¥ProgramData¥Adobe¥Photoshop Elements¥7.0¥Locale¥ja_JP¥Workflow Panels¥actions
入れた後、Photoshop Elementsを起動するとガイド付き編集のアクションの中のメニューに追加されている。
「周辺が暗い」、「彩度が上がる」というLomoの特徴は出ている。しかし歪などはない。Lomo風の味のある画像にするためにはあらかじめ歪などを加えておくべきだろう。
e0020950_16161168.jpg

[PR]
by takaminumablog | 2010-03-14 16:17 | 写真:画像 | Comments(0)
<< Droste画像 Bleach bypass >>